tel:0120-002-489

戸籍収集と相続人調査

亡くなった方の口座から預貯金を引き出す際には金融機関に、不動産の名義変更を行う際には法務局に、相続人であることを証明できるものを提出しなければ、手続きを行うことはできません。

また、代襲相続や数次相続にあたる場合、全く知らない人が相続人になることが判明する場合もあります。

遺産分割が完了してから、実は会ったことのない相続人がいたという展開になっては大変です。
そういったことを防ぐためにも、相続人調査は戸籍を収集することから始めます。

戸籍収集は、亡くなった方(被相続人)の出生から死亡までの連続した戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本を揃える必要があります。

出生まで戸籍をたどっていく作業は、非常に難しい場合もあります。
何度も本籍地を移動している場合や、養子縁組になっている場合などは特に労力を要します。

相続人調査&財産調査の関連ページ

「相続人調査&財産調査」解決実績

  • 事例64 相続人調査(6) Aさんは両親の離婚後、母親に引き取られました。その後、母の再婚相手の家族と共に暮らしていました。長年、実の父とは音信不通でしたが...詳しく見る
  • 事例62 相続人調査(5) Aさん(70代)の姉Bさん(80代)が危篤状態にありました。Bさんは未婚であったため、夫や子どもなどの法定相続人がいませんでした...詳しく見る
  • 事例52 相続人調査(4) Aさんの祖母が亡くなりました。Aさんの父は祖父母よりも先に亡くなっていたため、Aさんと弟は代襲相続人となりました。しかし、同じく相続人である叔母たちが勝手に...詳しく見る

弁護士費用

「弁護士費用」の詳細はこちら

相続手続きの流れ

法律相談のご予約

  • 相談無料
  • 24H受付
  • 土日相談可

お気軽にお問い合わせください

  • 携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

    tel:0120-002-489
  • 無料相談のご予約
  • tel:0120-002-489

TOP