tel:0120-002-489

認知症の方がいる遺産分割

認知症の相続人がいる場合

遺産相続は遺言書がない限り、相続人全員の同意が必要となります。

相続人の中に認知症の方がいるなど、その方の判断能力が十分でない場合、代理人を立てなければなりません。

仮に、相続人の一人が認知症だからといって、その方を含めずにおこなった遺産分割協議は無効となり認められません。

認知症の相続人がいる場合の手続きの進め方

認知症の相続人に代理人を立てる場合、法律で定められた「成年後見制度」を利用します。成年後見制度は、本人の権利を守り、法律的に保護・支援する制度です。この「成年後見制度」の申立てができるのは、本人、配偶者、4親等内の親族などに限られています。

後見人には家庭裁判所が最も適任と判断した人が選任され、支援の内容等によっては、弁護士、司法書士、社会福祉士等の専門職が選任されることもあります。

また、後見人は一人だけとは限らず、複数の後見人(たとえば、親族と弁護士など)が選任され、役割を分担して担当することもあります。

遺産分割や訴訟等の問題がある場合、一時的に弁護士などの専門職が選任されることもあります。

代理人を立てないことには遺産分割を進めることはできませんので、成年後見制度を利用する場合の手続の流れを見てみましょう。

  • 申立ての準備・申立て

  • 申立てに必要な書類を準備し、家庭裁判所に提出します。受付や手続案内について予約が必要な場合もあります。また、申立ての取下げは、家庭裁判所の許可が必要です。
  • 審理(調査・鑑定等)

  • 申立てを受けた家庭裁判所は、申立人、本人、後見人候補者から事情をうかがいます。また、本人の親族から意見をうかがうこともあります。

    本人の判断能力について慎重に判断するため、提出した診断書とは別に、医師による鑑定を行うこともあります。
  • 審判

  • 手続の後、家庭裁判所は本人について後見を開始する必要があるか、誰を後見人に選任すべきかを判断し、審判をします。

    成年後見人に選任される者に告知があった日から、2週間以内に不服申立てがない場合は、後見開始の審判が確定します。

    ただし、後見人の選任については、不服申立てはできません。
    審判の確定後、家庭裁判所から法務局に審判内容の登記を依頼します。
    選任された後見人は登記事項証明書を取得し、必要な届出や手続をすることになります。

    特に問題がなければ、申立てから後見の審判がされるまで1~2ヶ月ほどかかります。

  • 遺産分割協議

  • 後見人として遺産分割協議に参加します。

※補足

認知症の程度によって選任される代理人が変わってくる場合があります。
それぞれの代理人はどの範囲まで代理手続きを行うことができるのか簡単にまとめました。

成年後見制度は、法定後見制度と任意後見制度の2種類あり、法定後見制度には、さらに後見、保佐、補助の3種類があります。

法定後見制度

後見(後見人)

本人の判断能力が全くない状態にある場合につき、後見人として遺産分割協議に参加する代理権を持ちます。

保佐(保佐人)

本人が認知症や知的障害などのため、自分できちんと財産管理ができない状態にある場合につき、保佐人として、遺産分割をすることに対する同意権を持ちます。

補助(補助人)

本人が軽い認知症のため、状況により援助が必要な状態にある場合につき、補助人として、遺産分割をすることに対する同意権を持ちます(ただし、本人の同意が必要です)。

任意後見制度

精神上の障害(認知症、知的・精神障害等)により自己の判断能力が不十分になった場合に、あらかじめ自ら選んだ任意の代理人に、自分の財産管理や身上監護(介護、施設への入退所の契約等)などの事務の全般または一部について、代理権を付与するという委任契約を結んでおき、家庭裁判所により任意後見監督人が選任された時点で、その契約の効力が発生する制度です。

遺産分割についての関連ページ

「遺産分割」解決実績

  • 事例69 遺産分割協議(31) 亡くなった夫の遺産分割について、既に亡くなっている長男の嫁から相続分を主張されています。夫は生前、長男に数百万円のお金を貸していたので、借金を返済してもらってから遺産分割したい… 詳しく見る
  • 事例67 遺産分割協議(30) 先日、母が亡くなりました。母の相続遺産の中には不動産もあるため、不動産の名義変更を行いたいと考えていますが、相続に関する手続が分からないため… 詳しく見る
  • 事例60 遺産分割協議(27) 父(70代)が亡くなりました。娘のAさん(30代)は母のBさん(70代)とともに遺産整理をしていたところ、祖父の遺産分割手続きがなされていないことが発覚しました… 詳しく見る

相続手続きの流れ

法律相談のご予約

  • 相談無料
  • 24H受付
  • 土日相談可

お気軽にお問い合わせください

  • 携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

    tel:0120-002-489
  • 無料相談のご予約
  • tel:0120-002-489

TOP