tel:0120-002-489

特別受益の持戻し

特別受益とは、被相続人から相続人に対して遺贈された財産、または婚姻や養子縁組のためもしくは生計の資本として贈与された財産をいいます。

共同相続人の中に特別受益を得ていた者がいる場合、法定相続分のまま遺産分割するのでは不公平が生じてしまいます。

そこで、民法第903条1項では、各相続人間の公平を図るため、特別受益分を考慮したうえで具体的相続分を算定する「特別受益の持ち出し」という制度を設けています。

具体的相続分とは、共同相続人間の公平性を実現するために、法定相続分または指定相続分に特別受益や寄与分の調整を施して算定される観念的・概念的な割合(分割基準)です。

共同相続人中に、被相続人から、遺贈を受け、又は婚姻若しくは養子縁組のため若しくは生計の資本として贈与を受けた者があるときは、被相続人が相続開始の時において有した財産の価額にその贈与の価額を加えたものを相続財産とみなし、前三条の規定により算定した相続分の中からその遺贈又は贈与の価額を控除した残額をもってその者の相続分とする。(特別受益者の相続分) 民法903条

特別受益の持ち戻しの対象となる財産は、遺贈、婚姻・養子縁組のための贈与、生計の資本としての贈与です。

では、具体的相続分を算定してみましょう。

【例】
相続財産として3700万円、相続人は妻と2人の子(X,Y)。
被相続人は生前、Xに結婚費用として300万円を贈与していました。

1

まず、具体的相続分を算定するためのスタートとなる額を算出します。
これを、みなし相続財産といいます。

2

次に、みなし相続財産4000万円に対して、法定相続分による割合を算出します。

3

最後に、②で算出した額について特別受益を得たXの分から特別受益分を差し引きます。 Xは300万円の贈与(特別受益)を受けていたので、1000万円から300万円を差し引いた、700万円が具体的相続分となります。

特別受益の関連ページ

相続手続きの流れ

法律相談のご予約

  • 相談無料
  • 24H受付
  • 土日相談可

お気軽にお問い合わせください

  • 携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

    tel:0120-002-489
  • 無料相談のご予約
  • tel:0120-002-489

TOP