tel:0120-002-489

相続税の納付と相続財産の調査・評価

見出しリボン

財産評価に必要な資料一覧

相続財産を把握するには、それぞれの相続財産を相続税法の諸規則にしたがって評価する必要があります。 このように、相続税法の様々な規則にしたがい、それぞれの財産を評価することを「財産評価」といいます。

ここでは、相続財産の財産評価を行う際に必要な資料についてご説明いたします。

相続財産はプラスの相続財産である資産と、マイナスの相続財産である債務に分類できます。
このプラスとマイナスの財産を差し引きし、相続税の対象となる相続財産が決定されます。

資産の財産評価に必要な資料一覧

財産評価に必要な資料をそれぞれの財産ごとにご説明いたします。
※プラスの相続財産には現金預金、有価証券、土地建物等の不動産、未収入金等が含まれます。

閉じる

預貯金の財産評価に必要な資料

預貯金の残高が相続財産となります。被相続人の亡くなった日の各種残高(普通預金や定期預金等)を証明する書類が必要になります。

  • ・過去3年分の預金通帳
  • ・預金証書 (定期性預金がある場合)
  • ・預金残高証明書

死亡直前に預貯金が引き出されたり解約された場合、使途不明なものは手元現金残高として推測されます。

閉じる

生命保険等の財産評価に必要な資料

被相続人が支払っていた生命保険契約が相続財産となります。
保険会社から実際に支払われた生命保険金や将来支払われるべき年金などを明確にする書類が必要です。

  • ・死亡保険金の支払明細書
  • ・保険証書

閉じる

未収金(最終給与、退職金、貸付金等)の財産評価に必要な資料

退職金や貸付金等の未収金の将来支払われるべき金額を明確にする書類が必要となります。

  • ・死亡退職金や弔意金、最終給与の支払い通知書
  • ・貸付金のある場合は金銭貸借契約書
  • ・請求書や契約書等(※契約に基づく未収金のある場合)

閉じる

見出しリボン
相続税の納付と相続財産の調査・評価について

法律相談のご予約

  • 相談無料
  • 24H受付
  • 土日相談可

お気軽にお問い合わせください

  • 携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

    tel:0120-002-489
  • 無料相談のご予約
  • tel:0120-002-489

TOP