tel:0120-002-489

相続税の納付と相続財産の調査・評価

見出しリボン

土地の評価

土地を評価するにあたって、大きく分けて二つの方法があります。
路線価方式と倍率方式の2つです。

市街地が形成されている場合、どのような道に面しているかによって土地の価格は大きく左右されます。それを考慮して、概ね市街地に該当する土地に関しては路線価方式という評価方法が採られます。

一方、それ以外の土地に関しては倍率方式という方法で評価されます。
それぞれの評価方法について詳しく見ていきましょう。

路線価方式

道路に沿って同じ地価水準にある地域ごとに1平方メートルあたりの評価額(路線価)が決められています。この路線価を基準にして、その土地がどのように面しているのか(奥行、土地の形状、間口の大きさなど)をさらに考慮したうえで、評価されます。

閉じる

倍率方式

地価水準が似ている地域ごとに、固定資産税評価額に対する一定の倍率が定められています。 該当の土地に対する固定資産評価額に定められた倍率を乗じることで評価額が算出されます。

閉じる

見出しリボン
相続税の納付と相続財産の調査・評価について

法律相談のご予約

  • 相談無料
  • 24H受付
  • 土日相談可

お気軽にお問い合わせください

  • 携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

    tel:0120-002-489
  • 無料相談のご予約
  • tel:0120-002-489

TOP