tel:0120-002-489

遺言書とは

遺言とは、自分が生涯をかけて築き、守ってきた財産を、有効、有意義に活用してもらうために行う遺言者の意思を書き留めておくものです。

紙とペンさえあれば簡単に書くことのできる遺言書ですが、後々もめないためには、きちんとした手続を踏むことが大切です。

また、せっかくの遺言書が無効になってしまわないように、遺言書の種類、書き方、効力についてご説明します。

遺言書のメリット

■ 相続人間での争いを避ける

遺言書がない場合、原則として亡くなった方の法定相続人が遺産分割について話合い(遺産(いさん)分割(ぶんかつ)協議(きょうぎ))を行います。

遺産分割協議で一番大変なのは、相続人全員の参加のもと、相続人全員の同意を得ることです。
一人でも参加しない者がいたり、最終的な遺産分割案に反対する者がいれば、大切な財産をめぐって相続争いが発生することになります。

親族という間柄だからこそ、何でも言い合えるために合意にたどりつけないケースがよくあります。

■ 自分の好きなように財産を分けることができる!?

自分が亡くなった後、自分の意思を反映して遺産分割をして欲しい場合には、ぜひ遺言書を作成してきましょう。

こんな場合に遺言書を残しておくことをおすすめします。

  • 配偶者に全て相続させたい
  • 法定相続人以外のお世話になった人に財産を譲りたい
  • 他の相続人よりも多めに相続してほしい特定の人がいる
  • 会社の事業承継の方針を明確にして、従業員の雇用を守りたい

このほか、認知していない子を遺言により認知するという身分行為も実現できます。

しかし、「配偶者に全て相続させたい」と書いたとしても、他に相続人がいる場合には、彼らには遺留分(いりゅうぶん)と言うものが認められています。

したがって、配偶者に対して、他の相続人が遺留分を請求することができてしまいます。
これがトラブルの引き金になる可能性もあります。

せっかくの遺言がトラブルを引き起こすきっかけになりかねません。
相続人の遺留分については考慮して作成することをおすすめします。

遺言書の関連ページ

「遺言書」解決実績

  • 事例44 遺言書作成(2) 老後を過ごすAさんは、自分の相続について特に問題になるとは思っていませんでしたが、まわりの相続トラブルの話を聞き、万が一に備えて...詳しく見る
  • 事例28 遺言書作成(1) Aさん(60代)は会社を経営していますが、Aさんが死亡した場合、相続人は、長女のXさん・長男のYさん・次女のZさんの3人となります。ある日、長男であるYさんが、癌で余命が...詳しく見る

弁護士費用

「弁護士費用」の詳細はこちら

相続手続きの流れ

法律相談のご予約

  • 相談無料
  • 24H受付
  • 土日相談可

お気軽にお問い合わせください

  • 携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

    tel:0120-002-489
  • 無料相談のご予約
  • tel:0120-002-489

TOP