相続問題の解決実績

事例19 相続人調査

  • 依頼者Aさん・養子(40代)
  • 遺産分割を円滑にすすめたい…
背 景

養母(80代)が亡くなり、養父とAさんも含めた3人の養子が相続人として養母の財産を相続することになりました。養母が残した財産はすでに確認することができていたので、Aさんらは、その後の具体的な遺産分割手続を進めようと考えていました。しかし、遺産分割手続の具体的な流れについて知らなかったAさんは、遺産分割を円滑にすすめるためにはどうすればいいのか、相談にいらっしゃいました。

戸籍収集・相続人調査戸籍収集・相続人調査


主 張

遺産分割のために亡くなった方の口座から預貯金を引き出すためには、金融機関に対して、自分が相続人であることを証明できる書類を提出しなければなりません。そこで、Aさんらは、円滑な遺産分割を行うために、養父母と自分らの戸籍収集を依頼することにしました。

戸籍収集・相続人調査戸籍収集・相続人調査


解決策

弁護士は、Aさんらが円滑に遺産分割を行えるよう、相続関係説明図を作成することにしました。相続関係説明図を作成するためには、亡くなった方の出生から死亡までの連続した戸籍謄本などを揃える必要があります。また、相続人全員の戸籍謄本も必要となります。

そこで、弁護士は、各区町村役場に依頼して、相続人確定のために必要な戸籍を全て取り寄せることにしました。Aさんらは、父母と養子縁組をしていたため、通常より多くの戸籍謄本を揃える必要がありました。

戸籍収集・相続人調査戸籍収集・相続人調査


結 果

戸籍収集を終え、相続人がAさんも含め4人であることを確認した弁護士は、相続関係図などの書類一式を作成しました。これによって、Aさんはその後の遺産分割を効率よく行うことができ、2ヶ月ほどで解決しました。

戸籍収集・相続人調査戸籍収集・相続人調査

「相続人調査/財産調査」の解決事例

相続弁護士の解決事例一覧へ

お気軽にお問い合わせください

携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

法律相談ご予約

相談無料 / 24H受付 / 土日相談可

ページの先頭へ

閉じる

メニューを閉じる閉じる