相続問題の解決実績

事例29 遺産分割協議

  • 依頼者Aさん(長男)
  • 不明な相続人を確定して、遺産分割協議を円滑に行いたい…
背 景

Aさんの母が亡くなり、Aさんと弟、妹が相続人として母の財産を相続することになりました。

しかし、実際に母がどのような財産を有し、どの位の負債を負っていたかがわかりませんでした。

そこで、Aさんは兄弟で公平に遺産分割を行いたいと考え、当事務所へ相談にいらっしゃいました。

戸籍収集・財産調査戸籍収集・財産調査


主 張

相続は、被相続人が有していた財産だけでなく、負債もその対象となります。

Aさんは被相続人であるAさんの母が住宅ローンを組んでいたことなどもあり、相続の対象となる財産が分かりませんでした。また、その住宅ローンの保証人が弟になっているかもしれないことなど、事実関係が分らないため、まずは、相続人確定のための戸籍調査と相続財産についての調査をしたいと考えていました。

戸籍収集・財産調査戸籍収集・財産調査


解決策

弁護士は、市役所からの戸籍謄本の取り寄せ、銀行に対し預貯金残高の開示手続き求めました。Aさんの母が所有する建物の登記についても調査を行いました。

得られた情報をもとに、相続人の確定と被相続人の遺産目録の作成に取り掛かりました。

戸籍収集・財産調査戸籍収集・財産調査


結 果

調査の結果、母の相続人は、Aさんと弟、妹の3人であることが判明しました。

また、母は複数の口座に預金を有している一方で、住宅ローンの返済が残っていること、その連帯保証人がAさんの弟であることも判明しました。

Aさんたち兄弟は、これらの調査結果を踏まえた上で、遺産分割協議を円滑に行うことができました。

戸籍収集・財産調査戸籍収集・財産調査

「遺産分割」の解決事例

相続弁護士の解決事例一覧へ

お気軽にお問い合わせください

携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

法律相談ご予約

相談無料 / 24H受付 / 土日相談可

ページの先頭へ

閉じる

メニューを閉じる閉じる