相続問題の解決実績

事例40 遺産分割協議

  • 依頼者Aさん(長女・50代)
  • 他県に離れて暮らす兄弟となかなか集まれず、相続の話が進みません
背 景

Aさんの母が亡くなり、長女であるAさんと長男のBさんが相続することになりました。しかし、AさんはX県在住、BさんはY県在住、Aさんの母はZ県で亡くなったため、それぞれ距離があり、なかなか相続の話が進みません。困ったAさんは当法律事務所に相談にいらっしゃいました。

財産調査・戸籍収集・遺産分割協議財産調査・戸籍収集・遺産分割協議


主 張

Aさんは、Bさんとの話し合いで、相続財産をどのように分配するのかは大体決めていました。

そこで、母の相続財産を調べて、Bさんと相続したいと思っています。もっとも、母の相続財産は母が住んでいたZ県の銀行などにあるようですが、Aさんは距離のあるX県から手続きのために何度も来ることはできません。

財産調査・戸籍収集・遺産分割協議財産調査・戸籍収集・遺産分割協議


解決策

弁護士は、Aさん代理人として、Z県の各金融機関に対し、預貯金の調査依頼をして相続財産を確定させました。また、同時に戸籍を取り寄せ、相続人の調査を行いました。

財産調査・戸籍収集・遺産分割協議財産調査・戸籍収集・遺産分割協議


結 果

調査の結果、Aさんの母はZ県の複数の金融機関に預金を持っていることが判明し、無事相続財産を確定することができました。

この結果をもとに、AさんとBさんは相続手続きを進めることが出来ました。

このように、離れて暮らす家族であっても、弁護士が代理人として手続きを行うことで、手続きのために直接会うことや、相続人の一人だけが負担を負うことなく、相続手続きを行うことができるのです。

財産調査・戸籍収集・遺産分割協議財産調査・戸籍収集・遺産分割協議

「遺産分割」の解決事例

相続弁護士の解決事例一覧へ

お気軽にお問い合わせください

携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

法律相談ご予約

相談無料 / 24H受付 / 土日相談可

ページの先頭へ

閉じる

メニューを閉じる閉じる