※相続発生前のご相談に関しては有料となります。(¥10,000(税別)/60分)

相続問題の解決実績

事例56 相続不動産に設定された根抵当権を弁護士が抹消し相続へ。

  • 依頼者Aさん(長女・70代)
  • 相続不動産に設定された抵当権を抹消して、相続したい
背 景

Aさん(70代)の妹Bさんが亡くなりました。Bさんは生涯独身でしたので、Bさんの兄弟が遺産相続することになり、長女であるAさんが相続手続きを行うことになりました。

Bさんの遺産を確認したところ、Bさん名義の不動産には根抵当権が設定されていたため、Aさんは抵当権の抹消手続きなど、いったいどうしたらよいか分かりませんでした。

そこで、Aさんは、相続に詳しい弁護士に、すべての相続手続きをお願いしたいと思い、当法律事務所へ相談にいらっしゃいました。

相続不動産に設定された抵当権の抹消相続不動産に設定された抵当権の抹消


主 張

相続人である兄弟全員の合意により、Aさん以外の兄弟は既に相続放棄をしていました。

そのため、AさんがBさんの遺産すべてを相続することになり、相続手続きを進めていたのですが、不動産には根抵当権が設定されていました。

根抵当権とは、一定の範囲に属している不特定の債権について、極度額の限度で担保する抵当権のことをいいます。根抵当権を設定していれば、その極度額の範囲内で何度もお金の借りることができます。

しかし、Aさんはお金を借りる必要がなかったため、この根抵当権を抹消したいと考えていました。

相続不動産に設定された抵当権の抹消相続不動産に設定された抵当権の抹消


解決策

相続不動産の抵当権ないし根抵当権を抹消する場合には、抹消原因が被相続人の死亡時の前後どちらにあるかによって手続がかわってきます。

すなわち、抹消原因が被相続人の死亡前に存在していた場合には、被相続人の所有権名義のまま抵当権の抹消登記手続を行うことが可能です。

一方で、抹消原因が死亡後に生じた場合には、相続人に所有権を移転してから、相続人の名義で抹消手続を行わなければなりません。

抹消原因によって遺産分割協議をするべき時期もかわってくるため、非常に複雑な処理となります。

弁護士は、Bさんが亡くなる前に抵当権の原因が消滅していたため、Bさんの所有名義のまま根抵当権を抹消し、その上で、遺産分割協議書を作成して遺産相続を行うことにしました。

相続不動産に設定された抵当権の抹消相続不動産に設定された抵当権の抹消


結 果

Aさんは、Bさんの相続不動産に設定されていた根抵当権は抹消することができました。その上で、兄弟と遺産分割協議書を作成し、AさんはBさんの不動産を相続することができました。

相続不動産に設定された抵当権の抹消相続不動産に設定された抵当権の抹消

「遺産分割」の解決事例

相続弁護士の解決事例一覧へ

お気軽にお問い合わせください

携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

法律相談ご予約

相談無料 / 24H受付 / 土日相談可

※相続発生前のご相談に関しては有料となります。(¥10,000(税別)/60分)

ページの先頭へ

閉じる

メニューを閉じる閉じる