※相談内容によっては一部有料となります。(¥11,000(税込)/60分)

相続問題の解決実績

※掲載している事例内容は解決当時の法令に従ったものとなっております。

事例79 代々の土地や家を子に相続させるのが不安、単独相続したい。

  • ご相談者Aさん
  • 年齢:60代
  • 性別:女性
  • 続柄:妻
ご相談までの経緯・背景

夫(以下、被相続人X)が亡くなり、妻Aさんと、長女Bさん、長男Cさんが相続人となりました。

長男Cさんは「相続はしない」と主張していたにもかかわらず、被相続人Xさんが亡くなった後、金銭を要求してきたことがありました。また、長女Bさんは働いておらず、親の年金をあてにして生活していたため、相続財産についても自分の相続分の主張をしています。遺言書も作成されていなかったため、Aさんは、遺産分割についてご相談にいらっしゃいました。

Aさんは、親のお金をあてにして働かない長女Bさんと貸金を返さない長男Cさんに、代々受け継がれてきた土地や家を相続させることに不安を覚えたため、自らが単独相続して土地の有効活用をしようと考えました。

また、長男Cさんに対しては、長男の相続分を相続する代わりに貸金債権の残額の免除をしようと考えていました。

遺産分割協議背景

解決までの流れ

弁護士は、相続財産を単独相続したいというAさんの希望を叶えるため、長女Bさん、長男Cさんに遺産分割協議を申し込みました。

そして、Aさんが単独相続する代わりに両名に金銭を支払うことに加えて、長男Cさんに対しては、これまでに貸している金銭の返還を免除することを提案しました。

結果・解決ポイント

遺産分割協議の結果、Aさんが被相続財産を単独で相続すること、その代償としてAさんから、長女Bさん長男Cさんに対して、それぞれ500万円の金銭の支払いをすることが合意され、Aさんは希望通り相続財産を単独相続することができました。

Aさんのように単独相続を希望される場合には、当事者の話し合いでは他の相続人とどのように折り合いをつけるかが難しくなります。そこで、弁護士が代理人として交渉することで、他の相続人との遺産分割をスムーズに進めることができます。

遺産分割についてお悩みの際は、弁護士へご相談されることをおすすめします。

遺産分割協議解決策

担当弁護士

  • 竹中恵 弁護士
  • 弁護士法人 法律事務所オーセンス

    竹中 恵 弁護士(千葉県弁護士会所属)

  • 東北大学法学部卒業、大阪大学大学院高等司法研究科修了。個人法務から法人法務まで幅広い案件を手がける。相続や離婚など親族関係の法律トラブルについて、数多くの案件に携わり、交渉から裁判所での訴訟手続きまで、様々な解決実績を有する。

「遺産分割協議」の解決事例

相続弁護士の解決事例一覧へ

お気軽にお問い合わせください

携帯からも通話無料。24H受付、土日もご相談予約受付可能

法律相談ご予約

※相談内容によっては一部有料となります。(¥11,000(税込)/60分)

ページの先頭へ

閉じる

メニューを閉じる閉じる