相続問題の解決実績

事例80 遺産分割協議

  • 依頼者Aさん・長男(50代)
  • 遺産を調査し、未分割の預金がないかを確認したい…
背 景

10年前に父Aさんが亡くなり、母Bさん、長男Xさん、次男Cさん、三男Dさんが相続人になりました。

相続人全員で遺産協議書を作成し、遺産分割を済ませましたが、父の預金は次男Cさんが管理していたため、長男Xさんはすべての財産が正しく分割されているかまではわかりませんでした。Xさんは、次男Cさんに対して父の預金の開示請求を行いましたが、次男Cさんはこれに応じてくれませんでした。

不安に感じたXさんは、財産がすべて正しく分割されているかを調査したいと考え、ご相談にいらっしゃいました。

遺産分割協議背景


主 張

Xさんは父(以下、被相続人Aさん)の遺産で未分割の預金があるのではないかと考えていました。そのため、被相続人Aさんの預金を調査し、未分割の預金がある場合にはそれを正しく分割したいと主張しました。

遺産分割協議主張


解決策

弁護士は、Xさんが未分割の預金があるのではないかと考えていたため、金融機関に対し被相続人Aさんの財産の開示請求を行いました。そして、開示された情報を元に遺産目録を作成し、遺産分割協議書と照らし合わせ、未分割の財産がないかを調べました。

遺産分割協議解決策


結 果

調査の結果、被相続人Aさんの遺産はすべて分割されており、未分割の財産がないことが判明しました。調査を行ったことにより、Xさんは不安を解消することができ、遺産分割についても納得することができました。

相続トラブルは些細なきっかけで大きなトラブル発展してしまうことがあります。今回のXさんのように、相続について疑問や不安がある場合は、弁護士を間に入ることで、トラブルを未然に防ぎ、相続人全員が納得した相続を行うことができます。お困りの際はぜひ弁護士にご相談ください。

遺産分割協議解決策

「遺産分割協議」の解決事例

相続弁護士の解決事例一覧へ

お気軽にお問い合わせください

携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

法律相談ご予約

相談無料 / 24H受付 / 土日相談可

ページの先頭へ

閉じる

メニューを閉じる閉じる