相続問題の解決実績

事例83 遺産分割協議

  • 依頼者Aさん・次女(60代)
  • 遺産分割協議をすべて弁護士にお願いしたい…
背 景

Aさんの母Xさん(以下、被相続人X)が亡くなりました。父親はすでに他界していたので、Aさんと姉Bさんが相続人となりました。

しかし、姉Bさんは長年体調がすぐれないことが多く、Aさんとも疎遠になっていました。また、Aさんも、夫の介護で精一杯だったため、姉Bさんとの遺産分割については、できるだけ時間や労力をかけたくないと思っていました。

遺産分割協議背景


主 張

Aさんは、姉とは出来るだけ関わりを避けて遺産分割をすることはできないか、ご相談にいらっしゃいました。

被相続人Xさんの遺産は、土地と実家(不動産)、そして預貯金でした。

Aさんの希望とは、姉Bさんの居住している実家は売却せず、そのまま住み続けてもらい、Aさんは土地を取得し、その地代収入を得たいとのことでした。

また、預貯金については法定相続分にしたがって相続したいとのことでした。

遺産分割協議主張


解決策

弁護士は、Aさんの希望を踏まえ、姉Bさんに対して、不動産についてはBさんが取得、土地についてはAさんが取得し、預貯金については法定相続分に従って2分の1ずつ分割することを提案しました。

すると、姉Bさんから、「遺産は何もいらない」と返答があったため、弁護士は、Aさんが遺産を一括して相続する旨の遺産分割協議を姉Bさんに申し込みました。

遺産分割協議解決策


結 果

遺産分割協議の結果、Aさんが全ての遺産を取得する代償として、姉Bさんに対して約2000万円を支払うこと、Aさんが遺産である不動産と土地、預貯金のすべてを一括で相続することが認められました。

このように、弁護士が代理人として交渉を行うことで、相手方との接触をできるだけ避けて遺産分割を行うこともできます。煩雑な手続きで負担を増やしたくないという方は、ぜひ弁護士にご相談ください。

遺産分割協議解決策

「遺産分割協議」の解決事例

相続弁護士の解決事例一覧へ

お気軽にお問い合わせください

携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

法律相談ご予約

相談無料 / 24H受付 / 土日相談可

ページの先頭へ

閉じる

メニューを閉じる閉じる