名義変更の流れ

被相続人が生前に所有していた不動産、預貯金、車等を相続するには、名義変更の手続が必要です。

相続にともなう名義変更までの流れをご説明します。

  • 相続人の確定

  • 「誰が相続するのか」を確定しなければ、相続手続を進めていくことができません。

    遺言書がある場合には、遺言書に書かれている人が相続人になります。
    遺言書がない場合には、法律で定められている人(法定相続人)が相続人になります。

    この、法定相続人にあたる人を調査することが第一段階です。
    被相続人の出生から死亡までの戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)を収集し、確定します。

  • 財産調査

  • どこにどれだけの財産があるのかを把握できなければ、遺産分割の話合いを進めることができません。

    預貯金の場合には、金融機関に「残高証明書」の発行を依頼します。
    不動産の場合には、「固定資産税の納税通知書」や「名寄帳」を申請・取得し、どこにどんな不動産があるのかを調査します。

  • 遺産分割協議

  • 相続人の確定と財産調査が完了したら、相続人全員で遺産分割協議を行い、誰がどの財産を相続するのかを決定します。
  • 遺産分割協議書の作成

  • 相続人の確定と財産調査が完了したら、相続人全員で遺産分割協議を行い、誰がどの財産を相続するのかを決定します。
  • 名義変更

  • 各相続人が自身の相続財産について名義変更の手続を行います。

遺産分割協議書の作成は法律で規定されているものではないので、必ず作成しなければならないものではありませんが、相続財産である不動産や預貯金の名義変更の際、法務局や金融機関から必要書類として「遺産分割協議書」の提出を求められます。

また、「言った、言わない」と後々のトラブルを防ぐためにも作成しておくとよいでしょう。

解決実績名義変更

弁護士費用手続中心にお考えの場合

「弁護士費用」の詳細はこちら

相続手続きの流れ

お気軽にお問い合わせください

携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

法律相談ご予約

相談無料 / 24H受付 / 土日相談可

ページの先頭へ

閉じる

メニューを閉じる閉じる