不動産の名義変更(相続登記)

遺言書あるいは遺産分割協議により、誰が不動産を相続するかが決まったら、不動産の所有者の名義変更(相続登記)を行います。

相続登記は、「いつまでにしなければならない」という期限はありませんが、思わぬトラブルや事件に巻き込まれてしまうケースもありますので、相続不動産の名義変更は速やかに行いましょう。

不動産の名義変更手続の流れを見ていきましょう。

不動産の名義変更の流れ

遺産分割協議書で、不動産を相続する人を決める

不動産の名義変更(相続登記)に必要な書類を集める

登記申請書を作成する

法務局に名義変更の申請をする

不動産の名義変更に必要な書類

どのように不動産を登記するのかによって必要書類が異なります。

< 法定相続人が一人、または法定相続分で相続をする場合 >
  • 被相続人の出生から死亡までの戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)
  • 法定相続人全員の戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)
  • 法定相続人全員の住民票の写し
  • 相続する不動産の固定資産評価証明書

書類は、市区町村役場で取得することができます。もっとも、東京23区の不動産についての固定資産税評価証明書は、都税事務所で取得しなければなりません。

< 遺産分割協議で決めた割合で相続をする場合 >
  • 被相続人の出生から死亡までの戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)
  • 法定相続人全員の戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)
  • 新たに登記名義人になる人の住民票の写し
  • 相続する不動産の固定資産税評価証明書
  • 法定相続人全員の印鑑証明書
  • 遺産分割協議書(相続人全員の署名と実印の捺印)

登記申請書

相続登記申請書を作成します。
通常は、相続する不動産の所在地を管轄する法務局(登記所)に登記申請書を提出し、登記の申請を行います。書類に不備がなければ、約1~2週間で不動産の名義変更が完了します。

※登録免許税

登記の申請の際には、登録免許税の納付が必要になります。

登録免許税の税額は、固定資産税評価証明書に記載されている不動産の価額に1000分の4 を乗じた額となります。

※土地を分けてから登記する場合

1つの土地を複数の土地に分ける場合(分筆(ぶんぴつ))には、相続登記の申請をする前に、土地分筆登記(土地を物理的に分ける手続)をしなければなりません。

土地分筆登記の手続が完了してから、各相続人が相続登記の手続を行うことができます。

解決実績名義変更

弁護士費用手続中心にお考えの場合

「弁護士費用」の詳細はこちら

相続手続きの流れ

お気軽にお問い合わせください

携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

法律相談ご予約

相談無料 / 24H受付 / 土日相談可

ページの先頭へ

閉じる

メニューを閉じる閉じる