※相談内容によっては一部有料となります。(¥10,000(税別)/60分)

法律事務所オーセンスの相続コラム

遺産分割協議書の書き方、文例を弁護士が解説

遺産分割協議書の書き方、文例を弁護士が解説

遺産分割協議が成立したら「遺産分割協議書」を作成する必要があります。相続登記、預金の払戻し、株式の名義変更や相続税の申告の際などに必要となる重要な書類です。正しい書き方を解説するので、しっかり理解しましょう。

このコラムの監修者

  • 松尾洋志 弁護士
  • 弁護士法人 法律事務所オーセンス

    松尾 洋志 弁護士(第二東京弁護士会所属)

  • 日本大学法学部卒業、日本大学大学院法務研究科修了。離婚や相続などの家事事件、不動産法務を中心に取り扱う。民事事件から刑事事件まで、幅広い分野で実績を持つ。

1.遺産分割協議書とは

遺産分割協議書とは、相続人同士で話し合って遺産の分け方を合意した内容をまとめた書面です。相続人全員が遺産分割方法について合意した事実やその内容を明らかにするものです。

相続人全員が作成する契約書のような書面であり、相続人全員が署名押印します。いったん遺産分割協議書ができあがったら、基本的には、後からやり直しを求めることはできません。

遺産分割協議をして合意ができたら、速やかに遺産分割協議書を作成しましょう。

2.遺産分割協議書の提出先

遺産分割協議書は、以下のような場面で必要になります。

2-1.不動産の名義変更

遺産に不動産が含まれている場合、相続人への名義変更が必要です。遺産分割による不動産の移転登記を行うには、法務局に対して遺産分割協議書を提出しなければなりません。

2-2.預貯金の名義変更、預金払戻し

遺産に預金が含まれていれば、銀行預金の払戻し又は名義変更が必要です。そのためには、金融機関に対して遺産分割協議書を提出しなければなりません。

2-3.株式の名義変更

株式を相続したら、株式の名義変更や相続人名義の証券口座への移管が必要です。そのため、証券会社に対して遺産分割協議書を提出しなければなりません。非上場株式の場合、株式発行会社へ遺産分割協議書を提示する必要があります。

2-4.相続税の申告

相続税の申告の際には、どのような方法で遺産分割をしたのか税務署に対して報告する必要があります。そのための資料として遺産分割協議書を用意しなければなりません。

このように、遺産分割協議書は相続手続の各場面で必要です。正しく作成して滞りなく相続手続を進めましょう。

3.遺産分割協議書の文例

遺産分割協議書の書き方を確認するため、まずは文例をご紹介します。

  • 遺産分割協議書
  • 本   籍  東京都〇〇区〇〇 〇丁目〇番〇号
  • 最後の住所  東京都〇〇区〇丁目〇番〇号
  • 被相続人   甲野太郎 (2020年〇月〇日死亡)
  •  
  • 上記被相続人にかかる相続人は遺産について協議を行った結果、全員が次のとおり分割することに同意した。
  •  
  • 1.相続人甲野花子は次の遺産を取得する。
  •  
  • 【土地】
  • 所   在  東京都〇〇区〇何丁目
  • 地   番  〇番〇
  • 地   目  宅地
  • 地   積  150.00m²
  •  
  • 【建物】
  • 所   在  東京都〇〇区〇丁目
  • 家屋番号   〇番〇
  • 種   類  居宅
  • 構   造  木造瓦葺2階建
  • 床 面 積  1階  60.00m²
           2階  50.00m²
  •  
  • 2.相続人甲野一郎は次の遺産を取得する。
  •  
  • 【預貯金】
  • ○○銀行○支店 普通預金 口座番号00000000
  • ○○銀行○支店 定期預金 口座番号00000000
  •  
  • 【株式】
  • ○○株式会社 普通株式  10000株
  •  
  • 3.相続人甲野花子は、第1項記載の遺産を取得する代償として、相続人甲野次郎に対し、2020年〇月〇日 までに、金15,000,000円を支払う。
  •  
  • 4.本協議書に記載のない遺産及び後日判明した遺産については、相続人甲野花子が全部取得する。
  •  
  • 以上のとおり相続人全員による遺産分割協議が成立したため本書3通を作成し、署名押印の上、各自1通ずつ保有する。
  •  
  •  
  • 2020年〇月〇日
  • 【相続人甲野花子の署名押印】
  • 住所
  • 氏名           実印
  •  
  • 【相続人甲野一郎の署名押印】
  • 住所
  • 氏名           実印
  •  
  • 【相続人甲野次郎の署名押印】
  • 住所
  • 氏名           実印

4.遺産分割協議書の書き方

上記の文例を参照しながら遺産分割協議書の書き方をご説明します。

4-1.遺産分割協議書に記載すべきこと

遺産分割協議書を作成するとき、最低限以下の内容は必ず記載しましょう。

  • ・被相続人の氏名・死亡年月日・本籍
  • ・財産の表示
  • ・誰がどの財産を取得するのか
  • ・相続人の氏名作成日付
  • ・署名押印

4-2.遺産分割協議書の書き方の手順

タイトルを書く

まずは「遺産分割協議書」というタイトルを書きましょう。

遺産分割の方法を1つ1つ書く

話し合いによって決まった遺産分割の方法を書き込んでいきましょう。例えば、「相続人甲野花子は次の不動産を取得する。」などの部分です。

日付を入れる

協議の内容を全て書き込んだら、遺産分割協議書の作成日付を入れましょう。

署名押印する

遺産分割協議書には、相続人全員が署名押印しましょう。厳密には記名でも良いのですが、信用性を高めるため「自署」を推奨します。また不動産の名義変更等の際に実印と印鑑登録証明書が必要となるので、押印時には必ず実印を使用しましょう。

各自1通ずつ取得する

遺産分割協議書は、相続人の人数分作成して各自が1通ずつ取得するのが一般的です。

用意する紙やパソコンの利用について

遺産分割協議書には、決まった書式はありません。手書きでもパソコンで作成できます。手書きの場合、ボールペンや筆ペン等、どのような筆記具を使っても問題ありません。ただし、消えてしまうと困るので、鉛筆やシャープペンは避けましょう。
紙についても特に決まりはないので、パソコンならA4サイズの用紙、手書きならしっかりした便せん等の用紙を使うのが良いでしょう。

5.遺産分割協議書作成時の注意点

遺産分割協議書を作成するときには、対象となる遺産のの内容を正確に書くことが重要です。その表記を間違えると、不動産の名義変更や預金払戻し等ができなくなってしまうおそれがあります。

5-1.不動産の書き方

登記簿謄本(全部事項証明書)の表題部に記載されているとおりに内容を引き写しましょう。地番は住民票上の住所とは違うケースが多いので、注意が必要です。

5-2.預貯金の書き方

金融機関名、預金の種類と口座番号を正確に書きましょう。

5-3.自動車の書き方

車検証に記載されている項目を引き写しましょう。登録番号、車名、型式や車台番号を間違えないように書き写してください。

5-4.株式の書き方

発行会社名と株式数によって特定しましょう。

5-5.代償金が発生するケース

特定の相続人が多くの遺産を取得する場合、他の相続人に対して代償金を払うケースがよくあります。その場合、支払うべき代償金の額と支払期限を書き入れましょう。

5-6.財産目録を作成する

相続財産の種類や額が多い場合は、「財産目録」を作成することを推奨します。財産目録とは、相続財産内容(資産や負債)をまとめた一覧表です。どのような財産があるのか一見して明らかになるので、遺産分割協議の内容が分かりやすくなりますし、相続税の申告の際にも役立ちます。
別途エクセル等を使って作成し、遺産分割協議書に添付すると良いでしょう。

まとめ

遺産分割協議が成立したら、速やかに遺産分割協議書を作成する必要があります。書き方を間違えると相続登記や預貯金の払戻しを受け付けてもらえない可能性もあるので、正しい知識を持って対応しましょう。
上記の遺産分割協議書もあくまでも文例です。分からない場合には弁護士がアドバイスや代理で作成をできます。お困りの方がおられましたが、お気軽にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください

携帯からも通話無料。24H受付、土日もご相談予約受付可能

法律相談ご予約

※相談内容によっては一部有料となります。(¥10,000(税別)/60分)

ページの先頭へ

閉じる

メニューを閉じる閉じる