※相談内容によっては一部有料となります。(¥11,000(税込)/60分)

相続の弁護士費用

時点

遺留分侵害額請求プラン

交渉、面談含めて弁護士が、お客様の代わりに問題解決に向けて代理人として稼働します。

遺留分を請求するプラン

  • 着手金

    165,000円(税込)
  • 報酬金

    最終的な獲得遺産金額の11%+
    165,000円(税込)
    (最低71.5万円)
  • ※ 調停移行時に追加着手金は発生しません。訴訟移行の場合は追加着手金として165,000円(税込)が発生します。
  • ※ 経済的利益とは、調停、審判又は交渉で決定した、お客様が相続する財産(不動産、有価証券等については、相手方との間で決定した評価額(相手方との間で決定しなかった場合は時価)とします。)の合計額を意味します。
  • ※ 交渉及び調停を通じて得られた経済的利益が500万円以下の場合は、715,000円(税込)を報酬の最低額と設定させていただきます。
  • ※ 日当については、ご相談時に弁護士からご説明いたします。
  • ※ その他、実費として、郵便切手代・印紙代・交通費等が別途かかります。
  • ※ 上記金額はすべて税込金額となります。
  • その他費用に関する注意事項

遺留分請求されているプラン

  • 着手金

    330,000円(税込)
  • 報酬金

    お客様が最終的に獲得することができた遺産金額(下記基準)に従って支払うものとします。
    • 【報酬金の基準】
    • 5000万円未満…3.3%(税込)(但し、最低55万円、最高132万円)
    • 5000万円以上1億円未満…2.2%(税込)+22万円(税込)(但し、最高198万円)
    • 1億円以上2億円未満…1.65%(税込)+33万円(税込)(但し、最高275万円)
    • 2億円以上…1.1%(税込)+55万円(税込)
  • ※ 調停移行時に追加着手金は発生しません。訴訟移行の場合は追加着手金として110,000円(税込)が発生します。
  • ※ 最終的に獲得することができた遺産金額とは、被相続人の相続により獲得した財産の合計額を意味します(既に遺言で名義変更が済んでいるものも含む。)。獲得した財産が不動産や有価証券等については、相手方と決定した評価額(相手方との間で決定しなかった場合は時価)で合計額を計算させていただきます。
  • ※ 日当については、ご相談時に弁護士からご説明いたします。
  • ※ その他、実費として、郵便切手代・印紙代・交通費等が別途かかります。
  • ※ 上記金額はすべて税込金額となります。
  • その他費用に関する注意事項

本プランを利用しての
解決実績

その他の料金プラン

交渉を中心にお考えの場合

手続中心にお考えの場合

上記以外の場合

上記以外のご相談がある場合は、お電話(☎ 0120-002-489 )にご連絡いただくか、メールフォームよりお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください

携帯からも通話無料。24H受付、土日もご相談予約受付可能

法律相談ご予約

※相談内容によっては一部有料となります。(¥11,000(税込)/60分)

ページの先頭へ

閉じる

メニューを閉じる閉じる