相続関係説明図の作成

相続関係説明図

相続関係説明図とは、被相続人(亡くなった方)と相続人の関係性を図式化し、一目でわかるように作成したものです。

紙の大きさ・縦書き・横書き等の書式は自由ですが、裁判所の案内では横書きが多いようです。
手書きでの作成でも構いませんが、その際は消しゴムで消せるようなものは避け、ボールペンなどを利用してください。もちろん、パソコンによる作成も可能です。

■ 相続関係説明図作成のために揃える書類

  • 亡くなった人の出生から死亡までの戸籍・除籍・原戸籍謄本
  • 亡くなった人の最後の住所を証する書面(住民除票もしくは戸籍の附票)
  • 相続人全員の住民票
  • 相続人全員の戸籍謄本(亡くなった日以降の日付のもの)

解決実績相続人調査&財産調査

弁護士費用手続中心にお考えの場合

「弁護士費用」の詳細はこちら

相続手続きの流れ

お気軽にお問い合わせください

携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

法律相談ご予約

相談無料 / 24H受付 / 土日相談可

ページの先頭へ

閉じる

メニューを閉じる閉じる