tel:0120-002-489

戸籍について

戸籍は、人の出生から死亡までの親族関係を記録しているものです。これをたどることで、一人一人の身分関係が分かります。

戸籍の種類

戸籍は大きく分けて、現在戸籍(現戸籍)、除籍、改製原戸籍があります。

■ 現在戸籍(現戸籍)

役所に戸籍請求をした場合に受け取る戸籍がこれにあたります。

  • 戸籍全部事項証明書(戸籍謄本(とうほん)):戸籍に記載されている全部を写したもの

    ※本籍・氏名・生年月日・両親や養父母の氏名・続柄・出生地と出生の届出人・婚姻歴・離婚歴・  認知・養子縁組など。

  • 戸籍個人事項証明書(戸籍抄本(しょうほん)):戸籍に記載されている一部を写したもの。

相続で亡くなった方の戸籍を請求する場合は「戸籍全部事項証明書(戸籍謄本(とうほん))」を請求します。

■ 除籍(じょせき)

婚姻や離婚、死亡、転籍(本籍の所在地を変更すること)などにより、親の戸籍から抜けることを「除籍」と言います。

  • 除籍全部事項証明書(除籍謄本):除かれた戸籍(除籍)に記載されている全部を写したもの。
  • 除籍個人事項証明書(除籍抄本):除かれた戸籍(除籍)に記載されている一部を写したもの。

■ 改製原戸籍(かいせいげんこせき)

法改正などで戸籍の様式が変更されると、新たに戸籍が書き換えられます(現在戸籍)。
それにともなって、今までの戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)が、改製原戸籍謄本となります。
一般的には「か いせいげんこせき」と読みますが、実務上は「はらこせき」などと呼ばれています。

  • 改製原戸籍謄本:旧戸籍法に記載されている全部を写したもの。
  • 改製原戸籍抄本:戸籍に記載されている一部を写したもの。

戸籍の請求のしかた

亡くなった方の本籍のある役所へ、戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)を請求します。
本籍地のある役所でしか取得することができませんので、遠方で出向くのが難しい場合などは郵送請求が便利です。

※戸籍制度の変遷(近年)

平成6年式コンピュータ戸籍
以前の戸籍は縦書きでしたが、横書きでコンピュータ化された戸籍に変わりました。
昭和23年式戸籍
戸籍の単位が、「家」から「家族単位」に変わりました。
「戸主」が「筆頭者」に変わり、「華族」「平民」などの身分呼称もなくなりました。
実際には昭和32年~昭和40年くらいの間に昭和23年式戸籍に変わっていきました。
大正4年式戸籍
「戸主トナリタル原因及ヒ年月日」という記述が廃止され、戸主の事項欄に記載するように変わりました。このあたりの戸籍が出てくる場合は、複雑な場合が多いです。
明治31年式戸籍
戸籍の一枚目に「戸主トナリタル原因及ヒ年月日」欄が作られました。
筆で書かれた読みにくい戸籍が多くみられます。

相続人調査&財産調査の関連ページ

「相続人調査&財産調査」解決実績

  • 事例64 相続人調査(6) Aさんは両親の離婚後、母親に引き取られました。その後、母の再婚相手の家族と共に暮らしていました。長年、実の父とは音信不通でしたが...詳しく見る
  • 事例62 相続人調査(5) Aさん(70代)の姉Bさん(80代)が危篤状態にありました。Bさんは未婚であったため、夫や子どもなどの法定相続人がいませんでした...詳しく見る
  • 事例52 相続人調査(4) Aさんの祖母が亡くなりました。Aさんの父は祖父母よりも先に亡くなっていたため、Aさんと弟は代襲相続人となりました。しかし、同じく相続人である叔母たちが勝手に...詳しく見る

弁護士費用

「弁護士費用」の詳細はこちら

相続手続きの流れ

法律相談のご予約

  • 相談無料
  • 24H受付
  • 土日相談可

お気軽にお問い合わせください

  • 携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

    tel:0120-002-489
  • 無料相談のご予約
  • tel:0120-002-489

TOP