遺留分減殺請求とは

遺留分とは

遺留分減殺請求の説明をする前に、「遺留分」について説明いたします。

例えば、遺言書に「相続財産は全てAさんへ」と書かれていたとします。
この「Aさん」が、ご親族ならまだしも赤の他人だったなら、ご遺族は愕然としてしまうでしょう。

実は、こういったケースは少なくありません。全ての財産を一人の方へという場合もあれば、ご親族の内一人だけに財産を手渡さないといった場合もあります。

このような場合、法律では法定相続人の権利を保障しています。
これが「遺留分」です。

法定相続人にあたる人が相続財産を全くもらえず、生活が困難になってしまう場合を防ぐため、相続人に最低限の財産の相続を確保する権利を法律で定めているのです。

遺留分の割合は、以下のとおりです。
  • 直系尊属(例えば両親)のみが相続人の場合は、相続財産の3分の1
  • それ以外の場合は相続財産の2分の1
  • ただし兄弟姉妹には遺留分はありません。

遺留分減殺請求とは

遺留分減殺請求とは、遺留分を侵害されている相続人が、遺留分を侵害している受遺者や受贈者に対してその侵害額を請求することです。

遺留分につきましては、侵害されているご本人が請求しなければそのまま受遺者や受贈者に財産が譲渡されてしまうことになります。

遺留分減殺請求には期限がありますので注意してください。

減殺の請求権は、遺留分権利者が、相続の開始及び減殺すべき贈与又は遺贈があったことを知った時から一年間行使しないときは、時効によって消滅する。相続開始の時から十年を経過したときも、同様とする。(民法 第1042条:減殺請求権の期間の制限)

遺留分減殺請求の方法

遺留分減殺は、相手方(受遺者または受贈者)に対する意思表示をもってすれば足りますが、家庭裁判所の調停を申し立てただけでは、相手方に対する意思表示とはなりません。

調停の申立てとは別に、内容証明郵便等により意思表示を行う必要があります。
なお、遺言執行者がいる場合は、遺言執行者にも減殺請求権を行使する旨を知らせておくべきです。

内容証明郵便による意思表示を行った後は、相手方と協議交渉をすることで遺留分を返してくれる場合もありますが、そう簡単には返してくれない場合もあります。

遺留分減殺請求に応じてもらえない場合は、家庭裁判所で話し合う「調停」、それでも応じてもらえない場合には、裁判を起こす「訴訟」という方法があります。

解決実績遺留分減殺

弁護士費用交渉を中心にお考えの場合

「弁護士費用」の詳細はこちら

相続手続きの流れ

お気軽にお問い合わせください

携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

法律相談ご予約

相談無料 / 24H受付 / 土日相談可

ページの先頭へ

閉じる

メニューを閉じる閉じる