法定相続分について

法定相続人とは

法定相続人とは、民法で定められた「相続する権利がある方」のことです。 民法は誰がどのような割合で相続できるかを定めていますので、基本的にはこの割合に沿って相続手続きを進めていきます。

では、法定相続人と法定相続割合について順に見ていきましょう。

第一順位 配偶者と被相続人の子(直系卑属)の場合

第一順位

配偶者が2分の1、子が2分の1。

子が2人以上の場合は2分の1から均等に分けます。

つまり、子が2人いたなら、子の法定相続分はそれぞれ全体の4分の1。子が3人いたなら、子の法定相続分はそれぞれ全体の6分の1ずつとなります。

なお、配偶者がすでに死亡している場合は、子が全部相続します。

第二順位 配偶者と被相続人の父母(直系 尊属)の場合

第二順位

配偶者が3分の2、父母が3分の1。

父母ともにいる場合は3分の1から均等に分けます。つまり、父母の法定相続分はそれぞれ全体の6分の1ずつとなります。

なお、配偶者がすでに死亡している場合は、父母が全部相続します。

第三順位 配偶者と被相続人の兄弟姉妹(傍系血族)の場合

第三順位

配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1。

兄弟姉妹が2人以上の場合は、4分の1から均等に分けます。つまり、兄弟姉妹が2人いたなら、子の法定相続分はそれぞれ全体の8分の1となります。

なお、配偶者がすでに死亡している場合は、兄弟姉妹が全部相続します。
第四順位 代襲相続の場合の法定相続分

第四順位

配偶者が2分の1、子が6分の1。子がすでに死亡している場合は、孫が6分の1を代襲相続。

代襲相続とは、相続人が被相続人より先に死亡している場合(本事例ですと、被相続人より先に子である次男が死亡している場合)に、その子(被相続人の孫)が相続することです。

なお、法定相続分はあくまでも被相続人が遺言を用意していなかった場合の相続割合にすぎません。そのため、必ず法定相続分で遺産分割をしなければならないわけではありませんので、ご注意ください。

また、法定相続人であっても、被相続人または相続について先順位もしくは同順位にある人を故意に殺害し実刑を受けたなど、相続人の欠格事由(民法第891条1号ないし5号)に該当する場合は相続権を失います。ただし、相続権を失った相続人に子がいる場合には、代襲相続されます。

解決実績遺産分割

弁護士費用交渉を中心にお考えの場合

「弁護士費用」の詳細はこちら

相続手続きの流れ

お気軽にお問い合わせください

携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

法律相談ご予約

相談無料 / 24H受付 / 土日相談可

ページの先頭へ

閉じる

メニューを閉じる閉じる