未成年がいる場合の遺産分割

遺産分割協議は、相続人全員の参加と同意が必要です。しかし、未成年の相続人は、遺産分割協議に参加することが出来ません。

相続人の中に未成年がいる場合、下記のいずれかの方法で遺産分割を進めていかなければなりません。

  • 未成年者が成年に達するまで待ってから遺産分割協議をする
  • 未成年者に代理人を立てる

特別代理人の選任

通常は、親権者である父もしくは母、または後見人が「法定代理人」となります。もっとも、親も相続人の一人である場合には、子との間でお互いに利益が相反(利益相反)するおそれがあるため、親が未成年の子の代理人になることはできません。

そこで、子のための特別代理人の選任を家庭裁判所に請求する必要があります。また、複数の未成年者に対しては、それぞれ違う代理人を選任することになります。

遺産分割協議は、この特別代理人とその他の相続人とで行います。

解決実績遺産分割

弁護士費用交渉を中心にお考えの場合

「弁護士費用」の詳細はこちら

相続手続きの流れ

お気軽にお問い合わせください

携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

法律相談ご予約

相談無料 / 24H受付 / 土日相談可

ページの先頭へ

閉じる

メニューを閉じる閉じる