相続税の納付と相続財産の調査・評価

私道の評価

道路には、国道や市道など公共機関が管理しているものと、個人が所有・管理しているものがあります。

個人が所有・管理している道路のことを私道といいます。
私道を故人が所有していた場合には、相続財産に含まれます。したがって、評価額を出さなければなりません。

私道は、大きく分けて2つに区分されます。

  • ① 不特定多数の通行者が使用している(公道へ通り抜けることができる)
  • ② 特定の人のみが通行に利用している(袋小路のようになっていて行き止まりがある場合など)

上記①の場合、私道の評価は行いません。

一方、②に当てはまる場合は、評価額の算出を行う必要があります。
評価額は、私道を自用地と見なした際の評価額×0.3です。

お気軽にお問い合わせください

携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

法律相談ご予約

相談無料 / 24H受付 / 土日相談可

ページの先頭へ

閉じる

メニューを閉じる閉じる