相続税の納付と相続財産の調査・評価

がけ地を有する宅地

がけ地が宅地の一部にあり、その部分は通常の用途に供することができない場合には、がけ地補正率によって評価額を算出します。

計算方法は、一度がけ地をがけ地でないとした場合の評価額にがけ地補正率を乗じます。

がけ地補正率は、がけ地の総地積に対する割合とそのがけ地のある方位によって決まります。
がけ地補正率には方位が重要となるのは、採光や眺望、日照り、通風等の環境状況を加味するためです。

同じ割合であっても、方角が違えば補正率は変わってきます。
北向きにある場合がもっとも高い補正率になります。

お気軽にお問い合わせください

携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

法律相談ご予約

相談無料 / 24H受付 / 土日相談可

ページの先頭へ

閉じる

メニューを閉じる閉じる