世帯主変更届・児童扶養手当

世帯主がお亡くなりになったら

必要になる手続き

  • 世帯主変更届(住民異動届)は死亡後14日以内に提出する。
  • ひとり親(父子・母子)家庭は児童扶養手当の申請を
  • 児童扶養手当と児童手当は制度が違う。

世帯主が亡くなった場合、必要な手続きのひとつに、世帯主変更届(住民異動届)の提出があります。ただし、残された世帯員が1名だけの場合や親と15歳未満の子ども1名の場合、死亡届の提出で自動的に世帯主が変更されますので、届出は必要ありません。

世帯主変更届(住民異動届)

世帯主が亡くなった場合、死亡後14日以内に、住民票のある市区町村役場に世帯主変更届(住民異動届)の提出が必要となります。
※新しい世帯主は住民票原本に記載されている方に限られます。

提出期限
死亡後14日以内
返納先
死亡者の住民票のある市区町村役場
届出人
新しい世帯主、同一世帯の人、代理人
必要書類
住民異動届
添付書類等
届出人の本人確認書類
印鑑

新しい世帯主が明確な場合、死亡届の提出で自動的に世帯主が変更されますので、届出は必要ありません。(例:残された世帯員が1名だけの場合や親と15歳未満の子どもの場合など)

Check!世帯主変更届(住民異動届)が必要かどうかチャートで確認

世帯主変更届(住民異動届)が必要かどうかのチャート世帯主変更届(住民異動届)が必要かどうかのチャート
  • 住民異動届の様式・書き方
  • 出典

    住民異動届の様式・書き方https://www.city.minato.tokyo.jp/shibamadosa/kurashi/todokede/hikkoshi/documents/idoutodoke_mynumber_new.pdf

    港区ホームページより

児童扶養手当

夫または妻が亡くなり、ひとり親(父子・母子)家庭になった場合、児童扶養手当を受けることができます(支給要件あり)。
児童扶養手当は申請しないと支給されません。原則として申請日の翌月分から手当が支給されますので、該当する可能性がある場合は、お住まいの市区町村役場でご相談の上、必要書類を準備して申請するとよいでしょう。

児童扶養手当・特別児童扶養手当・児童手当の違い

児童扶養手当は、18歳到達後最初の3月31日までの子どもを養育している父子・母子家庭などに支給されるものです。また、20歳未満の一定の障害状態にある心身障害児を養育している父母または養育者には特別児童扶養手当が支給されます。いずれも所得制限がありますが、要件さえ満たせば、この特別児童扶養手当と児童扶養手当は併給することができます。

また、児童手当は、日本国内に住む0歳から中学校修了前(15歳到達後最初の3月31日)の子どもを養育している人に支給されます。
ひとり親(父子・母子)家庭は、児童扶養手当と児童手当との併給が可能です。

お気軽にお問い合わせください

携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

法律相談ご予約

相談無料 / 24H受付 / 土日相談可

ページの先頭へ

閉じる

メニューを閉じる閉じる