借金の相続放棄は要注意

相続財産には、マイナスの財産である負債も含まれるため、注意が必要です。

被相続人が残した借金などの負債について適当に対処すると、多額の債務を背負わなければならなくなるなど、トラブルの原因になります。

一方で、数百万を超える借金があっても、取引期間が5~10年以上など長期に渡る場合には、すぐに相続放棄をせず、相続の承認又は放棄の期間の伸長の申立てを行い、債務整理の手続を進めることをおすすめします。

なぜなら、実際に引き直し計算をしてみると、多額の過払い金が認められる場合があるからです。
借金ではなく、むしろプラスの財産となって帰ってくる場合もあります。

誤った認識のまま、あやふやに相続について決定するのではなく、一度、相続に詳しい弁護士へ相談されることをおすすめします。

解決実績相続放棄・限定承認

弁護士費用手続中心にお考えの場合

「弁護士費用」の詳細はこちら

相続手続きの流れ

お気軽にお問い合わせください

携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

法律相談ご予約

相談無料 / 24H受付 / 土日相談可

ページの先頭へ

閉じる

メニューを閉じる閉じる