3か月を経過した相続放棄

相続開始を知った時から3ヶ月以上経過していても例外的に相続放棄が認められる場合があります。

例えば、被相続人が生前借金をしていたのを知らず、熟慮期間経過後になって突然相続人の下に返済請求が届いた場合や、被相続人が生前連帯保証人になっていて、債務者が破産した結果予期しえなかった債務の存在が明らかになった場合でも、相続放棄が認められる可能性があります。

昭和59年4月27日、最高裁判所は以下の判断を下しました。

相続人において相続開始の原因となる事実及びこれにより自己が法律上相続人となつた事実を知つた時から三か月以内に限定承認又は相続放棄をしなかったのが、相続財産が全く存在しないと信じたためであり、かつ、このように信ずるについて相当な理由がある場合には、民法九一五条一項所定の期間は、相続人が相続財産の全部若しくは一部の存在を認識した時又は通常これを認識しうべかりし時から起算するのが相当である。

つまり、3ヶ月以内に相続放棄しなかったのが、被相続人に相続財産が全く存在しないと信じたためであり、そのように信じたことについて相当な理由があれば、熟慮期間経過後の相続放棄であっても認められる可能性があります。詳しくは、相続に詳しい弁護士にご相談ください。

解決実績相続放棄・限定承認

弁護士費用手続中心にお考えの場合

「弁護士費用」の詳細はこちら

相続手続きの流れ

お気軽にお問い合わせください

携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

法律相談ご予約

相談無料 / 24H受付 / 土日相談可

ページの先頭へ

閉じる

メニューを閉じる閉じる