遺産分割・生前贈与・
事業承継弁護士の相続チームがトータルサポート

まずは弁護士に
ご相談ください初回60分 無料相談

※相談内容によっては一部有料となります。(¥10,000(税別)/60分)

オーセンス相続
ワンストップ士業パートナーシップ

「遺産を残したい方」、「遺産を受け取る方」の相続に関わるご相談を、
オーセンス士業パートナーシップが連携サポート

  • 相続税申告各種手続

  • 相続税申告節税相談

    相続税申告
    節税相談

  • 相続税計算

    相続税計算

  • 不動産登記名義変更

    不動産登記
    名義変更

オーセンス士業パートナーシップ

「相続」をオーセンス弁護士に
依頼するメリットとは?

ワンストップ オーセンス士業パートナーシップ連携で、皆様の「相続」をトータルサポートします

遺産を託す・残す(生前贈与)

  1. 事業を跡継ぎに承継するにあたって、専門家と相談しながらベストな方法を見つけることができる
  2. 家族信託など、新しい相続のカタチについてしっかり考えられる
  3. 生前贈与など相続税対策をとることで、相続人の税金の負担を軽くすることができる

遺産を受け取る

  1. 遺産をどう分けるのが適切か、希望に沿った内容での遺産分割に向けてアドバイスを受けることができる
  2. 相手方との交渉を弁護士が対応するので、自分で直接話す必要がなくなる
  3. 特別受益や寄与分など法的な争いがあっても、有効な対策をすることができる

左:弁護士 森田 雅也(東京弁護士会所属) 
右:弁護士 柳川 智輝(第二東京弁護士会所属)

オーセンスに寄せられる
「相続」に関するご相談内容

遺産相続でお困りではありませんか?

~お悩みは人それぞれ~

遺産を託したい(生前贈与)

相続税対策をしたい

  • 早めに相続税対策の準備をしておきたい
  • 生前贈与による節税対策にどんなものがあるのか知りたい
  • 暦年贈与によって大きな節税効果を求めたい
  • 実際にどの方法がいちばん自分に合っているのかが気になる

遺言書を残したい

  • 今の住まいを同居家族に残したい
  • 将来、配偶者や子供たちが遺産分割でもめることがないようにしたい
  • 孫に財産を引き継がせたい
  • 財産を相続させたくない相続人がいる
  • 前妻との間に関係が疎遠な子供がいて、トラブルになる可能性が高い

事業承継について相談したい

  • 親族へ、従業員へ、M&A などの事業承継のカタチ、どの承継方法がベストなのだろうか
  • 節税対策を考えたい
  • 株主構成が複雑なのだけど

家族信託

  • 自分が認知症になったとしても、そのときの財産の管理の方法を決めておきたい
  • 自分が亡くなった後も、妻が安心して生活できるように誰かに財産管理を任せたい
  • 長男に自宅を引き継いでほしいが、長男が亡くなった後は孫に引き継いでもらいたい

遺産を受け取る

遺産分割のよくあるご相談

  • 相続人のひとりが遺産を独占しようとしている
  • 相続人同士の話し合いがスムーズにいかない
  • 他の相続人は生前に多額の財産をもらっているのに、法定相続分通りに分けるのは不公平だ
  • 親の家業を手伝ったり、親の介護をずっとやっていたのだから、その分多く財産をもらうべきだ

遺留分のよくあるご相談

  • 子供のひとりにすべての財産を相続させると書かれた遺言が見つかった
  • 親子間や兄弟姉妹間が疎遠になっていて自身に相続があったことを知らなかった
  • 突然、他の相続人から遺留分を支払えという通知書が届いた

その他の相続にまつわるご相談

  • 遺言が見つかったが、当時父は認知症だったから遺言が書けるはずがなく、無効ではないか
  • 母の預金額が知らないうちにほとんどなくなっていた。同居の親族が勝手に引き出していたのではないか
  • 遺産に多額の借金があるかもしれないので、相続放棄や限定承認を考えたい

相続放棄したい

  • 借金や滞納金などの支払い義務を負わされてしまうと困る
  • 遺産の中に借金がある。相続放棄をせずに放置していたらどうなる?
  • 遺産に借金があるようだけど、どれだけの借金があるのか分からない

相続の基本知識

相続手続きの流れ

  • 相続人調査&財産調査

    01
    相続人調査&財産調査

    相続人調査&財産調査について説明いたします。

  • 遺産分割について

    02
    遺産分割について

    遺産分割には、大きく分けて3つの方法があります。各分割方法を詳しく説明いたします。

  • 名義変更

    03
    名義変更

    相続にともなう名義変更までの流れや各種名義変更の方法をご説明します。

相続発生後の主な手続き

相続発生後は多くの手続きがあり、それぞれ決められた期間が設けられていることが多いです。
ご家族や相続人が対応しなければならない代表的な手続きと、その期限や全体の流れを把握しておきましょう。
手続きを行う場合は、何度も足を運ばずにすむように、事前に取扱い窓口に確認することをおすすめします。

生前贈与

遺産を受け取る

相続問題の解決実績

法律事務所オーセンスで解決した「遺産分割」「遺留分減殺請求」「名義変更」「相続放棄」など、相続問題の事例をご紹介します。

よくある質問

法律事務所オーセンスで相続に関して、お客さまから多くいただくご質問を掲載しております。

相続の弁護士費用

相続のサービス・費用についてのご案内です。「依頼内容に応じて」明確に設定しております。

相続に関するご相談料金弁護士が状況を伺い、ご要望を踏まえた上で、解決方法を提案します。

  • 初めての法律相談60
  • 無料

※60分を超えた場合は、¥5,000(税別)/30分をいただきます。

※相談内容によっては一部有料となります。(¥10,000(税別)/60分)

  • 交渉、面談含めて弁護士が、お客様の代わりに問題解決に向けて代理人として稼働します。
  • 着手金

    15万円
  • 報酬金

    最終的な獲得遺産金額の
    10%+15万円
    (最低65万円)
  • ※ 調停移行時に追加着手金は発生しません。訴訟移行の場合は追加着手金として15万円(税別)が発生します。
  • ※ 経済的利益とは、調停、審判又は交渉で決定した、お客様が相続する財産(不動産、有価証券等については、相手方との間で決定した評価額(相手方との間で決定しなかった場合は時価)とします。)の合計額を意味します。
  • ※ 交渉及び調停を通じて得られた経済的利益が500万円以下の場合は、65万円(税別)を報酬の最低額と設定させていただきます。
  • 交渉、面談含めて弁護士が、お客様の代わりに問題解決に向けて代理人として稼働します。
  • 着手金

    30万円
  • 報酬金

    お客様が最終的に獲得することができた遺産金額(下記基準)に従って支払うものとします。
  • 【報酬金の基準】

    • 5000万円未満…3%(但し、最低50万円、最高120万円)
    • 5000万円以上1億円未満…2%+20万円(但し、最高180万円)
    • 1億円以上2億円未満…1.5%+30万円(但し、最高250万円)
    • 2億円以上…1%+50万円
  • ※ 調停移行時に追加着手金は発生しません。訴訟移行の場合は追加着手金として10万円(税別)が発生します。
  • ※ 最終的に獲得することができた遺産金額とは、被相続人の相続により獲得した財産の合計額を意味します(既に遺言で名義変更が済んでいるものも含む。)。獲得した財産が不動産や有価証券等については、相手方と決定した評価額(相手方との間で決定しなかった場合は時価)で合計額を計算させていただきます。
  • 交渉、面談含めて弁護士が、お客様の代わりに問題解決に向けて代理人として稼働します。
  • 相続人調査、相続関係図作成、財産調査、遺産目録の作成、遺産分割協議書の作成が含まれます。
  • 着手金

    30万円
  • 報酬金

    得られた経済的利益の
    10
    (最低50万円)
  • ※ 調停移行時に追加着手金は発生しません。審判移行、即時抗告する場合は追加着手金としてそれぞれ20万円(税別)が発生します。
  • ※ 経済的利益とは、調停、審判又は交渉で決定した、お客様が相続する財産(不動産、有価証券等については、相手方との間で決定した評価額(相手方との間で決定しなかった場合は時価)とします。)の合計額を意味します。
  • ※ 交渉及び調停を通じて得られた経済的利益が500万円以下の場合は、50万円(税別)を報酬の最低額と設定させていただきます。
  • ※ 日当については、ご相談時に弁護士からご説明いたします。
  • ※ その他、実費として、郵便切手代・印紙代・交通費等が別途かかります。
  • ※ 上記金額は全て税別金額となります。別途消費税が加算されます。
  • その他費用に関する注意事項

ページの先頭へ

閉じる

メニューを閉じる閉じる