※相続発生前のご相談に関しては有料となります。(¥10,000(税別)/60分)

相続問題の解決実績

事例50 相続人調査

  • 依頼者Aさん(内縁の妻・50代)
  • 内縁関係の夫との共有不動産の相続について知りたい…
背 景

Aさん(50代)とBさん(60代)は20年以上前から内縁関係にあり、一緒に暮らしていた家は、共有不動産として持っていました。

先日、内縁の夫であるBさんが亡くなり、共有不動産の法律関係を整理しなければならなくなりました。Aさんは、Bさんの共有持分権を誰が相続するのか知りたいと思い、当法律事務所へ相談にいらっしゃいました。

戸籍収集・相続人調査・遺産分割戸籍収集・相続人調査・遺産分割


主 張

内縁関係の配偶者は、パートナーが亡くなった場合に、基本的にはパートナーの財産を相続することができません。法律では、婚姻関係にある配偶者や兄弟、子供等が相続人になると定められており、内縁関係の配偶者は相続人に含まれていないからです。

そのため、AさんがBさんと共有していた不動産のBさん分の権利は、Bさんの相続人に移ることになります。

そこで、Aさんは相続財産を整理するためにBさんの相続人を知る必要がありました。

戸籍収集・相続人調査・遺産分割戸籍収集・相続人調査・遺産分割


解決策

弁護士は、Bさんの相続人の調査をするために戸籍収集を行いました。戸籍は、Aさんが後に不動産の名義変更手続きをすることになった場合に、法務局に相続人を証明する時にも必要な資料です。

戸籍の収集は、亡くなった方の出生から死亡までの連続した戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本を揃えなければならず、大変な労力を要します。

弁護士は、効率的かつ迅速に戸籍を収集して、Bさんの相続人調査を行いました。

戸籍収集・相続人調査・遺産分割戸籍収集・相続人調査・遺産分割


結 果

調査の結果、Bさんの相続人が判明し、AさんはBさんの相続人と話し合い、共有不動産の法律関係を整理することができました。

戸籍収集・相続人調査・遺産分割戸籍収集・相続人調査・遺産分割

「相続人調査/財産調査」の解決事例

相続弁護士の解決事例一覧へ

お気軽にお問い合わせください

携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

法律相談ご予約

相談無料 / 24H受付 / 土日相談可

※相続発生前のご相談に関しては有料となります。(¥10,000(税別)/60分)

ページの先頭へ

閉じる

メニューを閉じる閉じる