遺産分割の方法

遺産分割がまとまらない限り、遺産の共有状態を解消できず、どうすることもできません。

自分自身の相続分を守るために、相続に関する法律を理解し、主張を正当なものにすることで相続問題の早期解決が望めます。

はじめに、遺産分割の方法について解説していきます。

遺産分割には、大きく分けて3つの方法があり、相続財産の内容によって、いずれかを選択します。

① 現物分割 ② 換価分割 ③ 代償分割

では、それぞれの分割方法を詳しく見ていきましょう。

01.

現物分割(げんぶつぶんかつ)

現物分割とは、相続財産一つ一つをそのまま各相続人に割り振る方法です。

例えば、現金、土地、建物が相続財産にあり、相続人が配偶者、長男、長女だった場合、現金は配偶者へ、土地は長男へ、建物は長女へと分けます。あるいは、相続財産が預貯金だけで、これを法定相続分に沿って相続人で分割することです。

現物分割は、相続財産一つに対して一人の相続人が相続するため、手続きが比較的簡単というメリットがあります。

一方、デメリットとして、相続財産に預貯金ではなく不動産などの「もの」が多い場合、各相続人に財産ごとの差が生じてしまう可能性があります。
02.

換価分割(かんかぶんかつ)

換価分割とは、不動産や株式などを一度売却して金銭に換えてから、各相続人に割り振る方法です。

換価分割は、相続財産を全てお金に換えてしまうので、各相続人に平等に分けることができるというメリットがあります。

しかし、せっかく相続できる土地や建物を売却してしまうことになりますので、相続人のうち、誰も利用しない不動産ばかりある場合には有効な方法ですが、既に誰かが住んでいるなど利用している場合にはよく検討する必要があるでしょう。また、不動産を売却する場合には相続人全員に譲渡所得税が課されますので注意が必要です。
03.

代償分割(だいしょうぶんかつ)

代償分割とは、共同相続人などのうちの一人が不動産などを相続する代わりに、他の共同相続人に対して生じる相続財産の差を代償金として支払う方法です。

代償分割は、相続財産の中に不動産が多く現金が少ない場合など、現物分割が難しい場合に選択される方法です。相続する不動産を売却せず引き継ぐことはできますが、他の共同相続人との差を埋めるための賠償金に加え、相続税も支払わなければならないので、大きな負担がかかります。

代償分割は、3つの方法の中でも争いになりやすい方法です。この方法を選択される場合には、相続に精通した法律家に相談することをお勧めいたします。

解決実績遺産分割

弁護士費用交渉を中心にお考えの場合

「弁護士費用」の詳細はこちら

相続手続きの流れ

お気軽にお問い合わせください

携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

法律相談ご予約

相談無料 / 24H受付 / 土日相談可

ページの先頭へ

閉じる

メニューを閉じる閉じる