※相続発生前のご相談に関しては有料となります。(¥10,000(税別)/60分)

未支給失業等給付請求書

失業給付を受給していたご家族がお亡くなりになった場合

  • 未支給失業等給付請求は死亡を知った翌日から1か月以内に死亡者の管轄安定所に出頭して提出。
  • 雇用保険による他の失業等給付も未支給分は遺族が請求できる。
  • 電子申請(電子申請システムによる手続)も可能。

未支給失業等給付請求書

亡くなった方が雇用保険による基本手当(失業給付)を受給していた場合、生計を同じくしていた遺族は、亡くなった前日までの基本手当の支給(未支給失業等給付)を受けることができます。(※雇用保険による他の失業等給付(教育訓練給付、高年齢雇用継続給付、育児休業給付など)も同様。)

未支給失業等給付の支給対象者は、死亡者の配偶者(婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にあった者を含む。)、子、父母、孫、祖父母または兄弟姉妹(以下「遺族」という。)であって、その者の死亡の当時その者と生計を同じくしていたもの。

提出期限
死亡を知った日の翌日から1ヶ月以内
※亡くなったことを知らなかった場合でも、亡くなった日の翌日から6ヶ月経過すると請求できなくなります。
提出先
都道府県労働局・ハローワーク
必要書類等
未支給失業等給付請求書
死亡者の死亡の事実及び死亡の年月日を証明することができる書類
例:死亡診断書、死体検案書又は検視調書の写し、住民票謄本等官公署、医師の証明書
未支給給付請求者と死亡者との続柄を証明することができる書類
例:住民票の謄(抄)本、戸籍謄(抄)本、戸籍記載事項証明書又は住民票記載事項証明書
未支給給付請求者が死亡者と生計を同じくしていたことを証明することができる書類
例:住民票の謄(抄)本又は民生委員の証明書
添付書類
すでに提出している場合は不要。
基本手当:失業認定申告書
教育訓練給付:教育訓練給付支給申請書、教育訓練修了証明書 など
高年齢雇用継続給付:高年齢雇用継続給付支給申請書、賃金台帳 など
育児休業給付:育児休業給付支給申請書、出勤簿 など
  • 未支給失業等給付請求書の様式・書き方
  • 出典

    未支給失業等給付請求書の様式・書き方http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000088965.pdf

    厚生労働省ホームページより

Check!雇用保険による他の失業等給付

教育訓練給付

教育訓練給付は、仕事に役立つ資格取得などのため、自発的にスキルアップを図る人に対する資金援助です。失業等給付の一部ではありますが、在職中でも利用できるので、亡くなった方が受給資格を得ていなかったか確認しましょう。 教育訓練給付の未支給給付を請求するには、教育訓練給付支給申請書や教育訓練修了証明書が必要です。

高年齢雇用継続給付

高年齢雇用継続給付は、定年退職後の再雇用等により低下した給料の差額の一部を負担してくれる制度です。給付金は、高年齢雇用継続基本給付金と、高年齢再就職給付金の2種類があります。下記の受給要件に、亡くなった家族が該当していた場合は、未支給給付金があるか、確認してみましょう。

  • 【高年齢雇用継続基本給付金】
  • ・通算して5年以上の被保険者期間があること。
  • ・60歳以上65歳未満であること。
  • ・60歳到達時(高年齢再就職給付金の場合は直前の離職日)の75%未満の給料で働くこと。
  • 【高年齢再就職給付金】
  • ・60歳以上65歳未満であること。
  • ・基本手当についての算定基礎期間が5年以上あること。
  • ・再就職した日の前日における基本手当の支給残日数が100日以上あること。
  • ・1年を超えて引き続き雇用されることが確実であると認められる安定した職業に就いたこと。
  • ・同一の就職について、再就職手当の支給を受けていないこと。
  • ・基本手当を受給した後、60歳以後に再就職して、再就職後の各月に支払われる賃金が基本手当の基準となった賃金日額を30倍した額の75%未満となったこと。

なお、高年齢雇用継続給付の未支給給付を請求するには、高年齢雇用継続給付支給申請書や賃金台帳などが必要になります。

育児休業給付

育児休業給付は、育児に伴う休業を取得しやすくし、円滑な職場復帰を進めることを目的として設けられている制度です。子どもが1歳になるまで(保育所に入れないなどの理由がある場合は最長2歳まで)支給されます。給付額は、休業開始6ヶ月までは休業開始前賃金の67%、それ以降は50%です。2ヶ月に1度、事業主を通じてハローワークに必要書類を提出し、申請する形となります。

就業促進給付

就業促進手当の1つに、常用就職支度手当があります。これは、身体障害者や知的・精神障害者をはじめとする就職困難者が、安定した職業に就いた場合に支給される一時金です。ハローワークもしくは職業紹介事業者の紹介により再就職し、一定の要件を満たしていた場合に支給されますので、亡くなった家族が該当していた可能性がある方は、確認してみましょう。

なお、常用就職支度手当の未支給給付を申請するには、常用就職支度手当支給申請書が必要になります。

お気軽にお問い合わせください

携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

法律相談ご予約

相談無料 / 24H受付 / 土日相談可

※相続発生前のご相談に関しては有料となります。(¥10,000(税別)/60分)

ページの先頭へ

閉じる

メニューを閉じる閉じる